【abcz五関晃一】五関様呼びになったきっかけはダンス?サンチェさんとのエピソード

ジャニーズアイドルのA.B.C-Zメンバーであり、五関様と呼ばれ親しまれている五関晃一くん。どうして様つけなの?それは振り付け師であるサンチェさんとの関係にあった?五関様呼びになったきっかけとなるダンスに関してのエピソードを紹介します!

<あだ名が五関様になったきっかけはダンススキル!>

先輩からもリスペクトされるその才能のあるダンスは、まさに五関様と言われるのも納得の腕前です。時々グループA.B.C-Zのダンスも五関晃一くんが振り付けをしているほど。そういう五関晃一くんは「僕からダンスを取ったら何もなくなる」と語っていてダンスにかける情熱と、ストイックな様子が分かりますね。



そんな五関晃一くんのダンスは、あのジャニーズの振り付け師の、ジュニアはもちろんデビュー組からも恐れられているサンチェさんも一目置くレベルだそうです。サンチェさんのそのダンスの振り付けに関する厳しさは昔、嵐のニノくんも泣かされたほどだそうです。そんなサンチェさんですが、嵐の大野くんと五関くんだけは怒られないという噂があります。「嵐」としてのデビューが決まった大野君に「他の4人がおまえに合わせるんじゃなくて、おまえが4人に合わせろ! 5人で嵐なんだから!」と言っていたエピソードは、大野くんのダンススキルを見込んでのコメントとして有名です。

その大野くんと同じように、五関くんもサンチェさんとの間に色んなエピソードがあります。

①サンチェさんがジュニアメンバーに振付をしてた時に、五関くんと同じくA.B.C-Zの河合郁人くんがふざけていた時の出来事。すると何故か一人だけ怒られる河合くん(泣)

②サンチェさんが遠目から、五関くんをNEWSの増田貴久くんと間違え、「おい増田!!!増田!!!」と怒ったものの、よく見ると五関くんであることに気づき、「あ、五関か。ならいいや」とあっさり撤回したんだとか。なんじゃそりゃ!

③サンチェさんが「よーし休憩していいぞー」といったので、その場の全員が休憩しようとした瞬間、「いま休憩して良いと言ったのは五関だけだっ!」と怒られたというエピソードも。



今紹介しただけでもかなり五関くんのダンスの実力を買われていることが分かりますね!しかし、そんな五関くんに一目置いているのは、サンチェさんだけではなく先輩ジャニーズメンバーもでした。

98年のMusic Jump では、撮影の合間にたまたますれ違った滝沢秀明くんに突然呼び止められ「お前は本当にダンスが上手い!」と言われ抱き着かれたんだとか。

そして、二宮和也さん、山下智久さん、錦戸亮さん、横山裕さんなどの超先輩ですら、普通は呼び捨てのところを何故か「五関くん」と呼んでいて、一目置いているからゆえのようでした!



五関晃一くんは、マイケル・ジャクソンの東京公演のライブDVDがよく家のテレビで流れてて、子供の頃からそれに合わせて踊っていたそうです。それでダンスのセンスを磨いたのかもしれませんね。

そして五関くんはデビューまでのジュニア在籍日数が13年7か月という10年を超えていて、ジャニーズ史上最年長の26歳7ヶ月でデビューしました。

ちなみにジャニーズWESTの中間淳太くんも26歳6か月でのデビューを果たしています。そんなダンスにかける情熱と苦労人である五関くんにはこれからもっと活躍してほしいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする