八乙女光は性格が悪い?きつい?エピソードと身長・誕生日・出身地プロフィール

Hey! Say! JUMP八乙女光くんは本名?性格が悪い、きつい?という噂のきっかけとなったエピソードや、どんな性格なのか紹介します。
身長や誕生日や出身地などプロフィールも紹介します。


<八乙女光プロフィール>

183631
八乙女光(やおとめひかる)

誕生日:1990年12月2日

星座:射手座

身長:173cm

視力:右1.0 左1.0

出身地:宮城県仙台市泉区
スポンサーリンク


学歴:宮城県仙台市立富々丘小学校→習志野市立第五中学校→堀越高等学校卒

ニックネーム:光・とめさん・ひっかー・やおちゃん・光くん・八乙女くん

入所日:2002年12月1日

同期:玉森裕太、手越祐也、

兄弟: 兄(12歳上)、姉(9歳上)、兄(5歳上)

好きなフルーツ:中がオレンジ色のメロン

仲の良い芸人:オードリーの春日

嫌いな動物:猫

 

<八乙女光の性格>

八乙女光くんHey! Say! JUMPの父親的役割なくらいしっかり者で、仕事へは努力を惜しまない真面目な性格です。

以下、八乙女光くんが言っていた言葉集です。

「ファンの方々は、お金を払ってコンサートや舞台を見に来てくださるわけですから、楽をしていてはいけないと常に思っています。」



「本番だけ頑張って『よかった』って言われても、俺は全然うれしくない。

すごく苦しくて、それでも頑張って『よかったよ』って言われた方が100倍うれしいし、100倍その次も頑張ろうと思える。」



24時間テレビのTAOのパフォーマンスで披露した三味線の裏話で、「あまりのできなさに絶望しつつ手首と指の痛みに耐える日々で、最初のころの練習は拷問みたいだった。



その状態でコンサートでベースを弾くと、終わった後は指が腫れたりつったりして動かなくなるから、そういうときは先生が弾く映像を見て勉強したり。



先生が『やっぱりベースをやってると違うね』って褒めてくれたけど、これは猛練習した成果です。



実はその三味線、買っちゃった。レンタルだと気兼ねして思い切り弾けないし、やっぱり自分の物だと思うと愛着が湧くでしょ。



スタッフさんに『数分の演奏に全力をささげます!』って宣言して買い取った。」



「JUMPって、ひとつひとつ階段を踏みながら前へ進んでいくタイプだと思うんだ。

だからこそ、しっかりそれができれば、いつかトップになれるって信じてる」

努力家な性格だということが分かります。

数々の名言を残していると話題です。


<性格がきつい?性格が悪い?>

そんな真面目で努力家な八乙女光くんですが、一部のファンからは「性格がきつい」「性格が悪い」という噂があるそうです。

その理由は、おそらく八乙女光くんがJohnny’s webの「JUMPaper」でファンに向けて言ったある言葉がきっかけのようです。



それはHey! Say! JUMPコンサートツアー『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017』で空港や駅でメンバーの出待ちをしているファンに対してです。



「JUMPaper」で、八乙女光くんは「約束じゃないけど、嫌われても良いから書きたい事があるの」と書いた後、



今回の出待ちの件で一般の人はファンたちの行動に驚きの目を向けていることを説明していました。



そして、八乙女が見たシーンのひとつとして、赤ちゃんを抱いているお母さんが大勢の人の波につぶされそうになって、赤ちゃんが泣いているという光景があったことについて自分の気持ちを話していました。



この場面を見て、八乙女光くんは心が痛くなったと伝えていました。

そしてこう続けました。



「他のメンバーを追いかけて僕に強く身体が当たったりするのは全然いいの。

でも関係のない人に危害を加えてしまうと、そのうちに、ジャンプのライブの移動は危ないからって警告を受けて、まだまだ行きたい場所も行けなくなると思うの」



と、自分の考えをはっきりと伝えていました。



もちろんファンから応援してもらえのは嬉しいことで、ファンの熱さも「素敵だと思う」とフォローしながらも、こう言っていました。



「いきすぎるとマナーが悪いってなってしまう」

と注意を伝えていました。



最後は「八乙女うざって思われてもいい」

「全国でまだ行った事ない地方にも行きたいし、ライブは僕の命だし、どうか考えてみて下さい。お願いします」という言葉で終わっていました。



真面目な八乙女光くんですから、周りの人に迷惑がかかっていると思うと辛かったんだと思います。



嫌われてもいい、うざいと思われてもいいと書いてあるところを見るとこうやって意見を言うことで一部のファンの反感を買うかもしれないという意識が伺えます。



八乙女光くんはファンを大切にする人ですが、熱狂的がゆえにマナーが悪いファンに至ってははっきりと意見を言うタイプでしょうから、それが「性格がきつい」と一部のファンに言われてしまうきっかけになったのかもしれません。


<八乙女光の憧れの先輩は亀梨和也>

昔KinKi Kidsのバックで踊っている亀梨くんを見てカッコイイと憧れて、お母さんに履歴書を送ってもらったんだとか。その後ジャニーさんから直接電話をもらって晴れてジャニーズ入りとなりました。

6d0ca0b778ecfc6af49a18bc842a2f8f
こうやってTVで二人で並んでいるところを見ると、憧れの人とTV出られるまでになった八乙女光くんはすごいな~と思います!



事務所に入所して、Hey! Say! JUMPとしてデビュー前は「Ya-Ya-yah(ヤーヤーヤー)」というユニットに所属していました。

Ya-Ya-yahは、ジャニーズ事務所に所属しているジャニーズJr.内の4人組男性アイドルグループで、兄貴分グループにKAT-TUN、弟分グループにJ.J.Expressがいたそうです。

八乙女光くんは小学校時代から、地元のアクターズスタジオに通っていました。アクターズスタジオ時代はNYに留学した事があるんだそうです。



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする