低炭水化物ダイエットの成功のコツ!

簡単でお手軽にできると人気のダイエット方法である低炭水化物ダイエットのリバウンドをしない効果的なコツや正しい方法を紹介します!

<炭水化物ダイエットって?>

アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考え出したダイエット方法で、摂取する炭水化物を減らすことで血糖値をコントロールすることで減量や体質改善が目指せるダイエット法です。



<炭水化物ダイエットのやり方>

炭水化物(糖質)の多い食材(ご飯、パン、麺類、イモ類、果物、砂糖のはいったお菓子、飲料)の摂取量を少なくする。目安としては1日に300Kcal前後の炭水化物を減らすのがベストです!

○ご飯1杯分6枚切り食パン2枚菓子パン1つ程度です。3食それぞれ少しずつ主食を減らします。

※ 完全に「抜く」よりも「少なくする」方法のほうが安全で効果的なので絶対に抜かないように!



<リバウンドしないコツ>

1.低炭水化物ダイエットをしている間に食べ物のことを考える

2.ダイエットから通常に戻すときにおかずが少なかったり、麺類やどんぶりもの、パンなどの炭水化物がメインの食事にしてしまう。

低炭水化物ダイエットして通常食に戻すときは、おかゆや野菜が多めの食事、たんぱく質は卵やヨーグルト、魚がおすすめです!

最後に。炭水化物ダイエットは、よく誤解されるのですが「炭水化物を抜く」と考えられがちです。でも完全に炭水化物を抜いてしまうと体臭の原因になったり頭の働きや内臓器官などに影響を与えてしまうので、「減らす」というのが正しい方法です。この方法は無理なく簡単に続けられるし健康にも影響の出にくいダイエット方法なので人気があります。ぜひ無理なく楽しくダイエットをしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする