お取り寄せ情報:みしまコロッケが中国でブーム!饅頭も登場

昨年放送の静岡県三島市が舞台のドラマ「ごめんね青春!」で話題になったコロッケがふつふつと人気が出始め、今中国で若い女性を中心に大ブームだそうです。「ごめんね青春!」の舞台でもあり、「みしまコロッケ」の生まれた三島市は、静岡県の東部の人口11万人の都市で、伊豆半島の中北端に位置する市です。三島市自慢のジャガイモの三島馬鈴薯を使ったのがみしまコロッケです。そしてB-1グランプリにて2年連続(第4回、第5回)で入賞を果たす快挙を成し遂げたB級グルメの新星でもあるんです。

<そんな静岡のB級グルメがどうして中国で人気になったのか?>

maxresdefault

みしまコロッケは昨年放送のドラマ「ごめんね青春!」に登場したり、キャストも食べていたということで人気と知名度がアップしていました。

そこで会社は11月下旬から中国の富裕層向けの高級スーパーや百貨店で宣伝して、冷凍品や揚げ調理した単品を用意し、1パック8個入りを日本の約3倍の86・5~95元(約1730~1900円)で販売したところ、売れ行きは予想を大きく上回るペースで、ドラマを見た若い女性ファンから「ただのジャガイモなのに甘くておいしい」と評判になりました。

そしてドラマのファンだけでなく、試食で味を気に入って購入する人々も増え、期間中にリピーターも訪れたり大反響!中国でも日本のB級グルメの美味しさ、三島馬鈴薯のおいしさが通用して評判になりました。



<みしまコロッケはどんな味?>

img_1

品質の高さが認められている箱根西麓で収穫される「手掘り」「天日干し」「風乾」された三島馬鈴薯「メークイン」。日当たりが良くミネラル分豊富なのも嬉しいところ♪その三島馬鈴薯「メークイン」を100%使用していて、衣はサクサク、中はしっとりまろやかクリーミーのハーモニーが絶品なんだとか!素材の味を活かした甘みとほくほくとした食感が特徴のコロッケです。

ちょっと私も食べてみたくなってきました!

お取り寄せはこちらでできます。

饅頭はこちら




日本のB級グルメの世界はこれから海外にも進出していきそうですね!三島市が誇るB級グルメ、日本でも中国でも人気の味を試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする