平野紫耀は自衛隊になってジャニーズを辞めようと?理由は?

平野紫耀くんは、2017年頃に自衛隊になってジャニーズを退所しようと思っていたそうです。その理由を紹介します。


<平野紫耀は自衛隊に?>

2018年にKing & Princeとしてデビューしてから、ドラマや映画で活躍して、グループのエースとして頑張っているメンバーです。



しかし、本人いわく自分は「全然王道じゃない」「アイドル向いてない」と語っていました。



そんな平野紫耀くんは、もしアイドルになっていなかったら何の職業に就きたかったかと聞かれると、





「ダンスの先生、保育士、自衛隊」と答えていました。





そして、その理由は人を守るのが好きで守りたくなるんだそうです。


スポンサーリンク



社会科見学はいつも陸上自衛隊に行っていたくらい憧れの職業だったそうです。





しかも、2017年にはジャニーズを辞めて自衛隊に行くつもりだったという平野紫耀くん。



なぜそのタイミングだったのかというと、CMの契約期間が切れたら辞めようと思っていたそうです。



でも事務所の人が優しく止めてくれたそうです。



平野紫耀くんは被災地などに行って人を助けたかったという想いがあってのことだったそうですが、



「身体的な面で助けてあげることはできないけどTVや雑誌などを見て、また明日から頑張ろうっていう風に精神面で助けてあげることもできる」



事務所の人のこの言葉でジャニーズでいることを決心したそうです。



そんな平野紫耀くんは、ジャニーズとしてアイドルをしているときに、ファンの人から



「平野紫耀くんのおかげで元気になれました」とファンの助けになれることが嬉しいそうです。





スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする