平野紫耀とkinkan仲良しエピソード!関西ジャニーズジュニア時代の絆

平野紫耀くんの関西ジュニア時代、kinkanの金内柊真くんと向井康二くんとの仲良しエピソードを紹介します。



<運命の赤い糸>

Q.運命の赤い糸、あると思う?

平野「あるんじゃないですか?



だって、ボクが一番最初に組ませてもらったKinKanで、



すぐにジーコや柊真と打ち解けられたのは運命的ですもん。





ここに入るべきだったんかなって、運命の赤い糸を感じてますよ!」

スポンサーリンク







<俺のこと好きですか?>

向井「ぶっちゃけトークってことで二人に聞きたい!俺のこと好きですか?」

金内「好きやで平野「ボクは、昔からずっと…好きでした。これ以上愛が深まったら、結婚しちゃう」
向井「やばいなー…」
金内「どゆこと!?」
向井「そうすると、やっぱ柊真は愛人になっちゃうな、よくないよ」
金内「昼ドラみたいやん。そうなると展開的に誰か殺されるで!」
平野「うわー、誰にします?」
金内「二人で俺を見るな」



 



<一か月休みがあったら>

向井「車出して写真撮りに行っちゃうね」

平野「いいね~!じゃ、助手席にはオレ、トランクには柊真!」

金内「ちょ、待って。なんでオレ詰められてんねん」

向井「後ろ、なんか詰めた?(笑)」

平野「なんか白いもん詰めた(笑)」

金内「待て!せめて足元に!」



<ハワイのビーチで10年後に掘り起こすなら>

向井「何埋める?」

金内「んー紫耀!」

平野「えっ!10年後ちゃんと迎えに来てや!」

金内「待ってて!」

平野「…うん、わかった」

向井「(ビンをあける真似をして)紫耀!水分全然ないやないか!」

金「アホや(笑)」



<捨てる物と残す物を見極めるには→触ったときにときめくか>



金内「(平野に触られて)あのー、全然ときめかないんですけど」

平野「おれ結構ときめいてるけどね?」

金内「ありがとう(笑)」

向井「ええ~待って、おれも入らせてよ」



<金内柊真くんの天然の平野紫耀くん専属通訳っぷりまとめ>

あの伝説のエリンギプールも、金内柊真くんの通訳のおかげ!



平野「そうやねん!めっちゃ(大橋)いたずらっ子やねん!!」

平野「4月1日がエリンギプールって知らんくてな」

金内「エリンギプールじゃなくてエイプリルフールやで!」と即座にツッコミ。



<平野紫耀の理想のチョコレート>

紫耀「このチクチクした食べ物はー、なんやったっけ、ドリュレ?ドリュレちゃうわ」

金内「トリュフやろ!」



<男の人が女の子にしゃべりかけるやつ>

紫耀「たまに男の人とかがー女の子にしゃべりかけたりするやつあるじゃないですかー?」

金内「ナンパ?」

紫耀「そう」

よくわかったねwww



<もはや全員が紫耀くんの日本語を理解できない中・・>

平野「風磨くんに#$%▲■言われますよ」

一同「ん????」

平野「風磨くんに#$%▲■言われますよ」

金内「風磨くんからいっぱい言われますだそーです!僕しょうの専属通訳です!!日本語から日本語に通訳します!!!」

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする