平野紫耀の病気、川崎病の後遺症は残ってる?持病で病院に検診行ってる?

平野紫耀くんが大きな病気、川崎病にかかっていたことが判明!どのような病気?持病であった川崎病の後遺症は残っているのか、今も病院へ検診へ行ってるのか調べてみました。


<平野紫耀の病気、川崎病とは>

平野紫耀くんがを「まいど!ジャーニィ~」で、小さい頃に川崎病にかかったと告白していました。



症状は、発熱や目の充血、唇の発赤、発疹(ほっしん)など身体の特徴が表れます。

具体的な症状は以下のものです。
  • 5日以上続く発熱
  • 両眼の充血
  • 口唇の赤み・舌が腫れる
  • 形状や大きさ、場所が定まらない赤味を帯びた発疹
  • 指先がパンパンに腫れる、皮がめくれる
  • 首のリンパ節が腫れ上がる

スポンサーリンク



これらの症状の6つのうち5つ以上当てはまる際に、川崎病と診断されるようです。

しかし診断が難しいケースもあるようです。



平野紫耀くんはこの川崎病の治療で大きな手術を受けて、手術は成功したようです。

そして定期的に病院で検診を受けているようです。



しかし今も激しすぎる運動は禁止されているみたいです。

学生時代は、リレーや長距離走は全部できなかったようです。



ジャニーズ活動では色んな場面でジャニー社長に気遣ってもらっていたようです。



この川崎病は完治する病気ですが、原因不明の病気なので、完治してるかどうかが分かりにくいのかもしれません。

 



<平野紫耀の川崎病の後遺症は?>

川崎病は、重い合併症である冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)が残ると、長期的な内服薬の使用や運動制限などが必要となる場合があるようです。



上の記事で言った通り、平野紫耀くんの手術は成功したようですので、後遺症が残っているわけではないのかなと思いました。

本人も川崎病で手術をしたことは話していますが、後遺症が残ったとは語っていません。

ただ、この川崎病にかかると20歳までは半年に一回は検診に行き一日中心電図をつけないといけなかったり、

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする