平野紫耀は関西捨てた?直談判デビューで判明

King&Prince平野紫耀くんが関西を捨てた?直談判デビューで判明?との話があったのでチェックしてみました。


<平野紫耀は関西捨てた?>

King&Princeとしてデビューする前、平野紫耀くんは関西ジャニーズジュニアでした。



その当時は関西ジャニーズJr.の「Kin Kan」というグループで活動してました。



しかし、King&Princeとしてデビューしたときのエピソードで、ファンは「平野紫耀は関西を捨てた」という印象を持ったのでした。



そのエピソードは、平野紫耀くんがKing&Princeの6人でデビューしたいと喜多川社長に直談判したことがデビューのきっかけとなりました。



それにより、ファンからはこの平野紫耀くんの行動が、関西ジャニーズを裏切ったという意味で関西を捨てたという批判が起きました。
スポンサーリンク







その後、雑誌「ポポロ」のインタビューでは平野紫耀くんは、



「ちょっと冷たい言い方に聞こえたらごめんなさい、東京に出てきた時点で、



もう関西には戻らない覚悟だったんですよね。



だから、関西の仲間を忘れた、とか、東京での仲がいい仲間だからとかで決めたことじゃないんです。



僕らなりに、いろいろ考えて出した答えなんです」と答えました。



この告白に、応援するファンもいましたが、



関西ジャニーズJr.からの応援していたファンは「もう関西には戻らない覚悟」



という部分が、関西を軽く扱っていたとしてショックだったようです。





スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする