平野紫耀と飯豊まりえの身長差は4cm?ブサイクすぎる?メグリンが可愛くない?

ドラマ「花のち晴れ」に出演した平野紫耀くんと飯豊まりえさん。
2人の身長差は?そしてドラマ「花のち晴れ」の飯豊まりえがブサイクすぎる?メグリンが可愛くないとの声があるようなのでその理由を紹介します。

<平野紫耀と飯豊まりえの身長差>

ドラマ「花のち晴れ」で飯豊まりえさんは人気モデルでもあり



そしてホテルチェーンの社長令嬢の美少女「西留めぐみ」役、

あだ名が「めぐりん」という役を演じました。





その相手役である神楽木晴を平野紫耀くんが演じました。

スポンサーリンク




すると、ドラマの中で見ると二人の身長差に疑問を抱く人が数多くいるようです。





それは、原作の漫画「花のち晴れ」ではこの二人の身長差は神楽木晴の方が身長が高いのです。





しかし、ドラマ中だと、西留めぐみである飯豊まりえさんの方が高く見える場面があり、2人の身長差があまりないのでドラマとして不釣り合いに見えるのです。





飯豊まりえさんの公称の身長は、167cmで、平野紫耀くんの公称の身長は171cmの4cm差です。





そのため、飯豊まりえさんがヒールでも履いてしまえば身長差が逆転してもおかしくはない身長差ですね。

 

<花のち晴れのメグリン役が可愛くない?>

ドラマ「花のち晴れ」のメグリンがどのようなキャラクターなのか紹介します。

メグリンは急成長のホテルチェーンの社長令嬢で、モデルとしても大人気の美少女です。

さらに、

原作で音はメグリンのことを「すごく可愛いひとだったな。この写真(雑誌)よりずっと」と評価していたり



また、晴もメグリンのことを「こいつモデルっていったっけ。確かに外見も整ってて男の目をひくし、かわいいんだと思う」と思っている場面があるので、



自他ともに認めるスーパー美少女だということが分かります。

<飯豊まりえがブサイクすぎる?>

すると、そのメグリンを演じる飯豊まりえがブサイクすぎるとの声が多いようです。

「全然可愛くない」「ブサイクすぎる」「顔が地味」という声が挙がっているようです。



しかし、実際の飯豊まりえさんはファッションモデルでグラビアもこなしている美少女のはずですが、どうしてこういう評価になってしまったのでしょうか。



もう一度原作のメグリンの紹介をすると、



音が大好きな晴ですらそのスタイルの良さや可愛さには惹かれてしまうほどの美少女という設定です。



そのため、原作ファンからすると、ドラマのメグリン役は万人受けするかなりの美少女であることが期待されました。



やはり原作の忠実さを求めるファンからすると、メグリンは自分好みの美少女であることが期待されました。



しかし、飯豊まりえさんは万人受けする可愛さというよりは一部のファンに突き刺さる清楚な魅力が売りの女優さんなため、地味に写ってしまい、期待外れに感じたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする